ミュージックアーティスト科(音楽・ミュージック 専門学校)

音楽で人を幸せにする。



蒲田 八王子 2年制 ミュージシャン・アーティストをめざす人の情報ブログ ミュージックアーティスト科ブログ

ブカツ応援プロジェクト 高校生バンド 音楽系部活 楽器初心者 高校生ダンサーたちをプロ講師が無料でレッスン! 随時受付中!

ミュージックアーティスト科blog

2005年06月24日 ギターとキーボードを勉強したい方に

梅雨に入って雨が降ったり降らなかったり中途半端な毎日、みなさまいかがお過ごしでしょうか?今日も気温が30度になるとかならないとか・・・。
 
さてそれはともかく、今週6月26日(日)はオープンキャンパス最終日としての特別企画・・・
 
「ギター&キーボードスペシャルレッスン」です!
 
今回のスーパーギタリストは浜田省吾、鈴木雅之、久石譲、などの多数国内アーティストのレコーディング、ステージをこなす法田勇虫さん(写真左)法田
澄田
 
そしてピアノ・キーボード専攻のあなたにレッスンしてくれるのはRock'n Roll Big Band「THE THRILL」の澄田啓さん、大好評につき再びお迎えします!エレクトーンやピアノの腕を活かしてミュージシャンになりたい方はぜひ参加を!(写真右)
 
 ヴォーカル・ベース・ドラムレッスン、作編曲体験も同時開催、夏休みに入る前に体験しておいてはいかがでしょう?
 今週日曜日、総合ミュージック科でみなさんをお待ちしています^^
 
風邪が流行っているみたいですが、くれぐれもお体には気をつけてくださいね!

n-27799347 at 9:41 | この記事のURL | |

2005年06月23日 ☆ミュージックラボラトリー☆

3e24b96a.jpg
今日の実習室レポートはミュージックラボラトリー。キーボードを中心にしたレッスンや楽曲制作
を行う実習室であります。
2大メーカーの最高峰シンセサイザーYAMAHA MOTIF ES8ROLAND Fantom X8がずらっと並んでます。こりゃシンセ好きにはたまりませんよね。ところが、この部屋はキーボードがたくさん並んでいるだけじゃなく、色々なレッスン方法が可能なのです。たとえば、ピアノパートが抜かれている曲を流しながら、みんなで演奏。先生卓にあるセレクターで順番に学生のピアノの音をモニターするなんてレッスンも出来たりします。
来週は開発されたYAMAHA担当者に来てもらって、「MOTIFの使いこなし術」なる講義を開いてもらいます。
 

n-27799347 at 7:12 | この記事のURL | |

2005年06月22日 総合ミュージック科特別連載「プロへの階段」

第1回目「プロになれる人とは」
 皆様こんにちは!初登場、音楽系専任科長の松山裕です。今回より音楽のプロを目指す皆様に、「プロへの階段」という題で「どうしたらプロになれるか」をお教えする事にしましょう。
 
今日の目次:

●プロの音楽家とは何でしょう?
●エルビス・プレスリーとX−JAPANのHIDEの話
紹介が遅れましたが、私はこの4月より日本工学院の音楽系学科の科長として来ました。登場が遅れたのは、忙しかったのか、単にものぐさなのか、どちらかです。とりあえず連載という事で登場しましたので、ちょくちょく登場する事にしましたのでよろしく!
私が何者かという事は、子供の頃ピアノを習ってブラスバンド部に入って生徒会長だったりと清く正しい子供からロックに目覚めてから、音楽しかやる気がなくなり、大学を中退してバンドをやったりしましたが、また真面目に戻って音楽大学に行き、クラシックの作曲を勉強しましたが、「何か違うぞ」とジャズスクールでアドリブやアレンジを習い、プロのミュージッシャン、作曲家として活動しているうちに音楽専門学校や音楽大学の教師になり、気が付いたらここにいる事になりました。今は真面目にプロになる後進に育成に命をかけていますよ!
パソコンで作編曲の教本とか出していますので、興味ある人は買ってください。またミュージックトレード社の「ミュージッシャン」という雑誌に「ポピュラー音楽温故知新の旅」という連載もしておりますので、見てくれたら嬉しいのです。まあ長い前書きで、疲れたのでこの辺で終わりといったら怒られそうですので、そろそろ本題に行きます。

●プロの音楽家とは何でしょう?
プロの音楽家とは人のために音楽を作ったり演奏したりして、ギャラをもらっている人の事です。この人のためという事が大切で、皆さんはきっと音楽で感動した事があると思いますが、今度は自分の音楽で他人を感動させるのです。これは料理の世界も同じで、自分で食べるのが好きから自分が料理をして人においしいと言ってもらうのが嬉しいとなるとプロの料理人になるのです。プロの階段を登るには、まず自分が音楽で感動した経験が必要です。そしてその感動を皆に分けてあげたいと思った時に、あなたはもうプロの階段を登りだしているのです。

☆プロの階段1段目…音楽で感動した経験がある事!
☆プロの階段2段目…人を感動させたい、人のために音楽をやると決心した時!

●エルビス・プレスリーとX−JAPANのHIDEの話
エルビス・プレスリーをもしあなたが知らなかったら、本当に素晴らしいものを知らないまま人生を送る事になります。実は私もプレスリーの歌を聞いてロックとしてはあまりカッコ良くないと思っていました。やはりロックの歌はビートルズのジョン・レノンとかレッド・ツエッペリンのロバート・プラントとかマイケル・ボルトンとか、どちらかというときたない声で迫力のあるヴォーカルとか超高い声とかがカッコ良いと思いますので、何かものたりませんでした。
プレスリーに関しては、彼の生い立ちを紹介しないとなりません。
プレスリーは幼少の頃から黒人の教会に行ってゴスペルを歌っていました。当時のアメリカの人種差別は凄いもので、白人のくせに黒人の教会に行くなどとはとんでもない話でした。まずここでプレスリーは人種差別など考えない人であるという事がわかりますね。その後プレスリーは高校卒業する時に、アルバイトしていたガソリンスタンドに就職が決まっていたのですが、ちょうど母の誕生日を間近にして,自分の得意な歌をレコーディングしてレコード(当時はCDなんてありません)にしてプレゼントしようとアルバイトで貯めた貯金をはたいてレコーディングしました。その時レコーディングを担当したエンジニアが、その歌の素晴らしさに驚いて勝手にレコード会社に録音テープを送った事で彼はデビューする事になりました。
母のため、人のために音楽をプレゼントする気持からデビューする事になった点に注目してください。私の知り合いにも多いのですが「俺は音楽でのし上がるぞ」とか「ライバルなんか蹴落とせ」みたいな人ほど成功していません。
プレスリーの音楽はロックンロールというロックの先駆けとなった音楽ですが、「ロックなんか不良の音楽」という風潮と闘わなければならない時代でした。逆にロックをする以上真面目な人間でなければならないとプレスリーは行動にも気を配り、ファンを大切に全てのファンレターに返事も書きました。
そのファンレターの一つに、ある看護婦から「プレスリー様、私の担当している患者は白血病で、もう何年も持たないと言われている女の子ですが、プレスリー様の大ファンで、病室にポスターを貼って毎日プレスリーの曲を聞いています。どうぞ一度返事を書いていただければ幸いです」という手紙が届きました。プレスリーはそれを読んで即座に、病室にお見舞いに行き、電話会社に連絡してプレスリーの自宅と病室をつなぐホットラインの電話を設置し「いつでも電話していいよ」という様にしました。それから暇があれば必ずお見舞いに行き、プレゼントも沢山贈りました。
ちょうどクリスマスの夜に彼女は息をひきとりましたが、前の日にプレスリーからプレゼントされた大きな熊のぬいぐるみをダッコしたままでした。
この事は絶対に秘密にするようにプレスリーからの強い要望で長い間明らかにされませんでしたが、プレスリーの死後に看護婦の証言から初めてわかった事なのです。
このような素晴らしい事も、アーチストの好感度を上げるための宣伝として使うような、嘘の善行に騙されてはいけません。プレスリーは売名行為ではなく、本当に彼女のためを思って秘密にしたのです。
X−JAPANのHIDEも亡くなってから、白血病の少女と個人的にメールのやりとりをしていたり、自ら骨髄バンクの運動を支援していた事が明らかにされましたが、彼のインタビューで「尊敬するミュージシャンはプレスリー」と言っていた事が音楽的にも尊敬していたのでしょうが、プレスリーを人間として尊敬していた事がわかりますね。
この話を聞けば、プレスリーの声に何か暖かみを感じる訳がわかりますね。だからバラードが良かったのだ…なんて私は思います。そうです!声に性格が出るのですよ。

☆プロの階段3段目…音楽だけではなく、常に人のため、人の気持、人の痛みを考えてあげられる人こそプロの資格があります!

という事は今回はここまで
次回からは、もう少し専門的な音楽の話を交えていきます
それでは!

n-27799347 at 15:0 | この記事のURL | |

2005年06月21日 創造人コンテスト

いよいよニッポン放送「知ってる?24時!」のバンド人生相談、来週が最終回となります。昨日も深夜の生放送はりきって行ってきたハラダです。
長いようで短かった3ヶ月でしたが本当に楽しい放送でしたよ。音楽やってるリスナーからのたくさんの相談に答えてたんだけど、みんなとても真剣だよね。自分がまだ若かった頃にやはり同じような悩み抱えてたこと思い出しました。(まだまだ若いんだけどね!)
とにもかくにも来週が最終回!きばって行ってきま〜す。
さて、今年も我が総合ミュージック科のメインイベントのひとつである「音楽創造人コンテスト」が9月16(金)、17(土)の両日行われます。ボーカリストコース、コンポーザーコースから選ばれた精鋭たちのパフォーマンス、楽曲を武部聡志さんをはじめとする豪華審査員が審査して各コースの優秀者を選出するこのコンテスト、今回で9回目を迎えます。
2年生の、ある意味集大成の発表の場でもあり大きなステージでパフォーマンスできるいい機会でもあるんだよね。優秀者には豪華賞品も準備されてます。
これに向けてみんな作品制作に集中している今日この頃、ボーカリストコース・コンポーザーコースの諸君、是非素晴らしい作品とパフォーマンス見せてくださいね。期待してます!
とりあえず音楽創造人コンテストの初期報告でした。
またご報告します。

n-27799347 at 16:7 | この記事のURL | |

2005年06月20日 オープンキャンパス音楽系SPECIAL開催!

6月19日はこれぞ「日本工学院の音楽体験レッスン」
が学べる一日でした。
コンサート・イベント学科が運営する
「中ノ森バンド」や「Natural Punch Drunker」の
熱いライブを通じて、コンサートの制作とは
こういうものだ!”プロの仕切り”という物が
高校生の皆様には伝わったんじゃないかと思いますし、
そのステージの横ではCHEMISTRYや平井堅とも共演する
本場ゴスペルアーティスト、クライド・ウィリアムズ・
ジュニアさんがヴォーカル・ハーモニーのレッスンをしたり、
骨太ロックバンド「怒髪天」ヴォーカル、増子直純さんの
ロックボーカル歌唱法のレッスン、また
ギター、ベース、ドラム、作曲/アレンジ、
バンドアンサンブルのレッスンも同時に開講していて
沢山の方が音楽を学べた一日になったと思います。
これから夏の体験入学も始まっていきますので、
演奏や曲作りに自信のある方は是非ご自分の実力チェックに、
これから楽器や歌を始めようかな?と思っている人は
効果的な基礎の練習方法についてを勉強しにきて下さい!
お待ちしております!!

n-27799347 at 15:27 | この記事のURL | |