ミュージックアーティスト科(音楽・ミュージック 専門学校)

音楽で人を幸せにする。



蒲田 八王子 2年制 ミュージシャン・アーティストをめざす人の情報ブログ ミュージックアーティスト科ブログ

ブカツ応援プロジェクト 高校生バンド 音楽系部活 楽器初心者 高校生ダンサーたちをプロ講師が無料でレッスン! 随時受付中!

ミュージックアーティスト科blog

2005年06月14日 奏で人選手権神奈川会場予選

こんちわ!ハラダです。昨夜も遅くまで「知ってる?24時」の生放送で深夜営業なもんで、ちょっと「むいねまらんた!」←(この意味分かったら君も立派なミュージシャン!)
さて、去る6月4日(土)横浜アリーナサウンドホールにて奏で人選手権神奈川会場予選が行われました。前回の千葉予選に負けず今回もえらくハイレベルでした。
全12バンドのエントリーでしたが、激戦区神奈川の音源審査を勝ち抜いてきた精鋭バンドばかりの演奏はそれはそれはどれもクオリティが高くカッコイイ!
ハードロックありポップスありパンク系ありの、純粋にコンサートとしても充分楽しめるものでした。
決勝エントリーバンドは「EMERGEN$Y LADDER」。演奏レベルもさることながら、ステージパフォーマンスもゴキゲンでした。凄かった!決勝大会もがんばって下さい。
いや〜、今回も本当に悩みましたよ。審査員室でももめにもめての結果、決まった感じでした。
神奈川予選出場のみんな本当にお疲れでした。みんな最高だったよ!これからのみんなの活躍に心よりエール送ります。
やっぱ音楽って、そしてバンドって最高だよね!

n-27799347 at 17:39 | この記事のURL | |

2005年06月13日 奏で人選手権東京予選開催!

昨日、6月12日は本校の「デジタルオープンスタジオ」、
(通称DOS)でバンドコンテスト、”奏で人選手権”の
東京予選大会が開催されました。出演バンドは11バンドで
どのバンドも本当に実力が拮抗していたので
審査員は頭を悩ませていましたが、紙一重の差で
川崎北高校の「アントニオ」さんが決勝大会への切符を
手にしました!アントニオさんおめでとうございます!
決勝大会は品川プリンスの「ステラボール」での演奏に
なりますので、ベストパフォーマンスができるように
アントニオさん、決勝にむけて練習頑張ってくださいね!

n-27799347 at 17:33 | この記事のURL | |

2005年06月13日 歌い人選手権東京予選開催☆

いや〜。毎回レベル高かったレベル高かったって言っていると、信憑性にかけるんじゃないかと思ってしまいますが、今回もレベル高かった^^;。北は茨城、南は沖縄、「えっ、おっ、沖縄っっ!」って開催してるこちらもびっくりの参加具合でした♪。東京代表に選ばれたのは、河口愛さん!おめでとう!(九州から来た甲斐あったね☆)。当日4ブロックに分かれ、各ブロックの代表に選ばれたのは河口さん、葛島亜純さん(from愛知!)、井上わたる君、神戸郁人君、みんなお上手でした。これで全予選が終りました。大宮・千葉・西東京・神奈川・所沢・東東京予選、各予選で選ばれた代表が7/10品川ステラボールに結集します。いまからかなり楽しみです♪

n-27799347 at 9:14 | この記事のURL | |

2005年06月11日 レコーディング実習

今日は音響芸術科で行っている、ヴォーカルレコーディング実習でした。
 
これは日本工学院ならではの「他学科コラボ」というもので、音響芸術科の実習に総合ミュージック科がお手伝いしたのですが、
今日の内容は、ボーカリストコースの生徒の歌を音響芸術の学生がスタジオでレコーディングして、ミックスし、CDとして仕上げるまでを行いました。
 
総合ミュージック科の学生としても、スタジオできちんとしたレコーディングが行えるのでとてもいい勉強になります。同じ学校ですが、時間通りにスタジオ入りするところから大切だったりします。あとは緊張の中でもきちんと歌い切って、ディレクターの指示にあわせて歌いなおしたり・・・
それで最後にCDまでもらえるという特典付きです。
録音した自分の歌を客観的に聞くのはヴォーカルの勉強にとてもいいんです。
 
音響芸術科のみなさん、ありがとうございました〜♪
 
明日は歌い人選手権、最終予選です。
出演する皆さん、お待ちしてマース。(稲沼)

n-27799347 at 18:47 | この記事のURL | |

2005年06月10日 一口コラム 先生SH

本日授業で取り上げた、音楽ビジネスのお話を。今日は「宣伝」についてやりました。マーケティングの伝統的な4つのPで言えば、広義ではPromortionにあたる部分です(ほかの3つのPは、Price、Place、Productというのがあります)。マーケティングという考え方自体は、よくよく考えれば、それは当たり前だと思うことが多いです。しかし、その理想めいた当たり前のことが、できるかどうかが、勝負の分かれ目になっています。それは企業であってもそうです。一流アーティストと一流企業に言える共通点、それはマーケティングが知らず知らず出来ているかどうか。地道にライブ活動して、パブリシティとって、宣伝の積み重ねが、売上増につながっていくことを覚えておいてください

n-27799347 at 20:51 | この記事のURL | |