ミュージックアーティスト科(音楽・ミュージック 専門学校)

音楽で人を幸せにする。



蒲田 八王子 2年制 ミュージシャン・アーティストをめざす人の情報ブログ ミュージックアーティスト科ブログ

ブカツ応援プロジェクト 高校生バンド 音楽系部活 楽器初心者 高校生ダンサーたちをプロ講師が無料でレッスン! 随時受付中!

ミュージックアーティスト科blog

2005年07月12日 奏で人歌い人のひとコマ。

けっこうクーラーの利いたステラボール入り口。7/10は受付をしてました。参加応援団受付。まあたくさん来た♪
なんと、うん百人を超す応援の友達、家族がステラに訪れました。1人1人の顔を覚えているわけではないけれど、受付を通過する人はほんと様々。家族だろうなあという赤ちゃん連れの方。あ、彼女らは、おそらく●●さんの応援だろうとなんとなく雰囲気でわかるお友達のみなさん。いっぱつでわかったのは、シモン君のお母さん。ほか、何名か「母なんです」「父なんです」というご父母の方々がいらっしゃいました。一様に、どこかはずかしそうに、でもうれしそうに言う親御さんの姿はなんともほほえましいものでした。きっと、息子・娘の前では見せない表情なんだと思います。「うちの子が人様の前で歌うなんてねぇ」と口には出さずうれしさを噛みしめるようでした。誰もが一度は、夢に見るかもしれないステージ上での晴れ姿。わが子に自分の夢を投影していたのかもしれません。文化祭とは規模が違う、レコードメーカー主催のオーディションとも違う、何か違うものが会場を包み込んでいました。

n-27799347 at 17:36 | この記事のURL | |

2005年07月11日 熱い一日でした!!

昨日は、そう、「高校生奏で人歌い人選手権2005」の決勝大会でした。
気温が30℃を超える猛暑でしたが、沢山の応援団の方や一般の方の入場があり、大会としてかなり熱いステージが繰り広げられました!!
 
あいアントニオ私からは各賞を受賞された方々をご紹介します。
まず、グランプリですが、奏で人選手権の方は東東京地区代表のアントニオの3人、
そして歌い人選手権では同じく東東京地区代表の河口愛さんが受賞しました。
さらに、ベストパフォーマンス賞各部門の受賞者はをご紹介します!

キーボード部門には、りとる☆こじょりぐりーんめんの太田聡美さん(大宮予選代表)
ドラム部門には、マイルドピスタチオの高橋裕二さん(千葉予選代表)
ベース部門には、THE RUDE MAKER FAMILYの井上大樹さん(所沢予選代表)
ギター部門には、アントニオの酒井健司さん(東東京予選代表)
ボーカル部門には、EMERGEN$Y LADDERの石田駿さん(神奈川予選代表)

そしてYAMAHA賞には、歌い人選手権神奈川予選代表の土屋まなみさんが選ばれました。
どの出場者も、とても堂々としたパフォーマンスを見せてくれて、とても感動しました。惜しくも受賞されなかったみなさんも、これからもどんどん挑戦し続けて欲しいと思いました。皆さんほんとこれからが楽しみです!!お疲れ様でした!

n-27799347 at 16:46 | この記事のURL | |

2005年07月07日 高校生奏で人・歌い人選手権2005決勝大会!

今日7月7日は七夕ですね。
天気が悪くて今年も織姫と彦星は出会えそうにないですね・・・。
 
さてそんな梅雨空を吹き飛ばす、うたかな決勝大会が3日後の7月10日、品川プリンスホテル ステラボールにて開催されます。
 
6地区予選を勝ち抜いた12組の高校生たちが、その名誉を賭け火花を散らします!
 
スペシャルゲストは人気急上昇の「エイジアエンジニア」と「えちうら」!
 
見逃す手はないですよ?みなさん!
 
お申し込みはこちらからどうぞ。締切はきにしなくていいですよ^^↓

n-27799347 at 17:29 | この記事のURL | |

2005年07月06日 YAMAHA MOTIFセミナー

75b84ec7.jpg
本年度導入したシンセサイザーYAMAHA MOTIF ES8ですが、
どうも機能を十分に使えてなさそうです。
かといって、マニュアルをみるのはどうも・・・
という訳で!YAMAHAからインストラクター石黒さんをお招きして、MOTIFのセミナーを開催してもらいました。
受講者はコンポーザー・アレンジャーコースの学生が中心で、
楽曲制作への活用というテーマで2時間弱。
いやーやっぱすごいやー!というのは私の感想。
特にアルペジエーターは相当いけてます。適当に鍵盤を押してると
次々とフレーズが自動演奏。これを聴いてるだけで、曲のイメージが
湧いてくる感じです。いいものは素直にいい!絶対使えますね。

 

n-27799347 at 15:6 | この記事のURL | |

2005年07月05日 ネットでレッスン!

いや〜梅雨真っ盛り、ムシムシですね!
というわけでたまにはベースレッスンなどいかがかな?エレクトリックベースの奏法には大きく分けて3つあります。.團奪弾き∋愧討スラッピング
今日はスラッピングについてお話します。日本では「チョッパー」なんて言うけど、これは造語で本来は「スラップ」または「スラッピング」というのが普通です。スラップというのは「たたく」とか「はたく」とかいう意味で、その名の通り親指で弦を叩いて音をだす奏法です。プラス、人差し指で引っ掛ける「プル」とのコンビネーションでピック弾きや指弾きよりパーカッシブなサウンドをだすことが目的です。
ラリーグラハムという黒人べーシストがライブで、バンドのドラマーが急遽休んでしまい何とかベースとドラムの役割を一人でできないものかと考えた末の奏法でした。
この奏法で一番大事なのは、何よりもリズムです。もちろん叩いてしっかりと音が出る、ということが大前提ですがリズムには注意して叩いて下さい。コツは腕の中心を軸として左右に回す、弦に当てたら瞬時にもどす、ここら辺を心がけて叩いてみて下さい。時間をかけて練習すると「パンッ!」といい音がでてきますよ。
もし出ないようでしたら総合ミュージック科ハラダまで。秘伝の技をお伝えしま〜す。
夏はスラップで叩きまくろう!

n-27799347 at 19:12 | この記事のURL | |