ミュージックアーティスト科(音楽・ミュージック 専門学校)

音楽で人を幸せにする。



蒲田 八王子 2年制 ミュージシャン・アーティストをめざす人の情報ブログ ミュージックアーティスト科ブログ

ブカツ応援プロジェクト 高校生バンド 音楽系部活 楽器初心者 高校生ダンサーたちをプロ講師が無料でレッスン! 随時受付中!

ミュージックアーティスト科blog

2005年07月04日 <名ギタリスト紹介コーナー>

<名ギタリスト紹介コーナー>
こんにちは。工学院ではミュージシャンを育てる「プレイヤーコース」が
来年からできるということで、高校生の皆さんに素晴らしい
ギター・プレイヤーを紹介していきたいと思います。是非聞いてみてください!
今週の名ギタリストは「スティーブ・モーズ」です!
(余談ですが、我々プロギタリストの間では、「スティーブ」と名前のつく
プレイヤーは素晴らしいギタリストが多い、と言われています。
スティーブ・ルカサー、スティーブ・モーズ、スティーブ・ヴァイ、
スティーブ・スティーブンス、スティーブ・ハウ、スティービー・サラス、
スティービー・レイボーンなどなど、素晴らしいギタリストが沢山いるんですよ!)
 
スティーブ・モーズはハードロックの伝説的バンド、DEEP PURPLEのメンバーと
して現在は知られていますが、プログレッシヴ・ロック、Kansasへの参加や、
ヴァイオリンをフューチャーしたバンドDixie Dregs等、素晴らしいバンドで
沢山演奏活動をしています。しかしなんといっても僕がびっくりしたのは
彼のリーダーバンドであるSteve Morse Bandでの演奏です。
ドラム、ベース、ギターでトリオでインストを演奏しているのですが、これが
全くトリオに聞こえない程のド迫力なのです。ベースとギターで高速ユニゾンするハー
ドロック曲、ケルト民族音楽、クラシック・ギター、カントリー等、この人に
弾けないフレーズは無いんじゃないか?と思ってしまうほど圧倒的に巧いのです。
しかし、それらは「とってつけたような」ものではなく一つ一つの音楽ジャンルが
スティーブ・モーズの表現であるのが音楽を通して伝わってきます。
 
スティーブ・モーズのテクニックの中で僕が特に影響を受けたのが、右手の
ピッキングで、彼のピッキングはハードロック系のピッキングのように軽い
タッチでの演奏ではなく、1音1音を明瞭に聞かせるピッキングなのです。
かといって力まかせの強引なピッキングではなく、弦を飛ばして弾いたり、カントリー曲を
演奏するときはクリーントーンでも明確な音が出せるのです。
アメリカではベストギタリストに何回も選出されて殿堂入りの感があるモーズ
ですが、何故か日本ではいまいち知名度が薄いので、皆さんにもこの機会に
是非スティーブ・モーズを聞いてみてください。お勧めは、『COAST TO COAST』
というアルバムです。高校生の皆さんから人気のDREAM THEATERのジョン・ペトルーシ
や「世界一速く弾けるギタリスト」=クリス・インペリテリにも影響を与えた
彼のギターは恐ろしく巧く、そして恐ろしくキレてます!!

n-27799347 at 17:4 | この記事のURL | |

2005年07月04日 NBD2005開催!!

去る7/1、川崎はクラブチッタにおいて新人発掘イベント「NBD2005」がついに開催されました☆。非常に盛り上がりました^O^/'。当日の模様、ライブレポートとして本校講師の杉浦先生に書いてもらっています♪。ぜひご覧ください♪いやあ良かった!!
煌
ライブレポート

 イベントのスタートを告げるアナウンスの後、ヴァーヴの“ビター・スイート・シンフォニー”が会場に響き渡る。訳せば「苦く、甘い、交響曲」。出来すぎた偶然かもしれないけれども、そんな言葉が今夜のNBDを象徴しているかのように思えてくる。昨年から約1年かけて発掘された新人バンドの顔見せというイベントの性格上、あるバンドにとっては苦い思い出に終わるかもしれないし、あるバンドは甘い歓喜を味わうことができるかもしれない。そういった様々な感情が紡ぎあって、一つの交響曲になる。今日のNBDは、そういった夜なのではないか?という予感がこみ上げてくる。
 NBD(ナチュラル・ボーン・ダイヤモンズ)は、日本工学院専門学校の音楽プロデュースコースの学生が発掘したアーティストを、コンサートイベント科のオーガナイズによって実現したイベントだ。今年で5回目を迎える。学生の学生による……とつい書きたくなるが、ただし、その後に続く言葉は「学生のためのイベント」ではない。あくまで一般のリスナーに向けて、ライブハウスでのイベントを重ね、バンドを選りすぐる、その集大成として今日を迎えている。
 7月1日、川崎クラブチッタ。外は梅雨空。この日のステージに立った新人発掘バンドは4バンド。演奏や歌を一つの塊として捉えているようなギターバンドLISTEN UP、切ない男心を丹念な言葉とハードなサウンドにのせる煌(fun)、ポップなパンクと元気印なパフォーマンスが光ったSLUMP CHORD、スカの陽気な部分にスポットを当てたSKAyWARP——それぞれジャンル的な指向は異なるが、実験的なサウンドや斬新な世界観を聴かせるのではなく、ストレートなサウンドと言葉で勝負していくタイプという点では共通している。言い換えれば、現在のオーバーグラウンドのシーンと直結する方向性のアーティストをセレクションしていることに、このイベントを企画した学生達の意気込みが感じられる。
 それらのステージに続いたゲストは2組。まずは、スクールバスレコードからCDリリースが決まっているCHILD STOP。北九州出身という男気溢れるタイトな演奏と、MCの時に垣間見せる微妙なギャグセンス。この微妙なバランスを持つサービス精神が、今後どのように進展していくか、興味は尽きないバンドだ。
 そして、大トリのSNAIL RAMPは、やはり格の違いを見せつける。とくに演奏、ステージングの安定感と疾走感は特筆すべきところ。この音楽的な足腰の強さは、「ダイヤモンドの原石」である4バンドも参考にすべき点は多いはずだ。シンプルなサウンドを追求すれば、土台となるグルーヴ、目指すべきコンセプトがしっかりしてないと、単なる学園バンドに終わってしまう。それをどう乗り越えるかという見本を示すのに、SNAIL RAMPほど的確なバンドはいないだろう。
 それにしても、全体を通して、会場の雰囲気は驚くほど良かった。とくにチッタクラスのキャパの会場はおそらく初めてだったであろう新人4バンドにとっては、歓声を上げ、モッシュも繰り広げるフロアは、オーディエンスと言うよりサポーターだと言った方が良いくらいだろう。その中で、それぞれのバンドが、何ができて、何ができなかったということを感じ取る絶好の機会になっただろう。
 そのフロアの熱気にトドメを刺したのも、またSNAIL RAMPだったことは改めて付け加えておかなければならないだろう。西海岸パンクの発祥の地オレンジ・カウンティから吹いてきたようなカラッとした風が、梅雨のジメジメした空気を完全に忘れさせていく。終了後、ティーンエイジャー達の爽やかな汗の残り香がフロアに漂っていた。

n-27799347 at 11:44 | この記事のURL | |

2005年07月02日 創造人頑張ってます!

昨日はNBDでした。会場はかなり盛り上がりましたよ〜。
スタッフの皆さんお疲れ様でしたー!詳しいレポートは後日アップ予定です♪
 
今日は、総合プロデューサーの武部聡志さんと、本校OGで、作曲家デビューしたばかりの坂詰美紗子さんの対談取材が学校で行いました。デビュー作となったクリスタル・ケイの「恋におちたら」誕生秘話や、武部さんと美紗子ちゃんのセッションなど、とても素敵な対談でした。この対談は近々ウェブサイトに掲載される予定ですので是非チェックしてください!!
 
さて、コンポーザー・アレンジャーコースとヴォーカリストコースの2年生は「音楽創造人コンテスト」の作品提出期限が2週間後と迫っているので、みんな急ピッチで作業を行っております。
ヴォーカリストコースでは、歌唱力が審査対象になっているのですが、やはりほとんどの学生がオリジナル曲で勝負!と頑張っています。本番では、一次審査を通過した10作品がノミネートされ、さらに優秀賞などが決定されるので、審査結果も楽しみですが、放課後残って頑張っている生徒達の姿を見ていると、作品に対する一人一人の頑張りや思い入れ、苦労などがすごく大事なんだと思いました。
みんなラストスパート、がんばってぇ〜!!

n-27799347 at 18:14 | この記事のURL | |

2005年06月30日 明日だよ明日!

何回か告知している新人発掘イベント「NBD2005」、ついに明日クラブチッタで開催です。毎年思うんだけど、チーフはじめ学生、よくがんばってます。テンぱったり、ジレンマを味わったり、血となり肉となることでしょう。昨日100名を超えるコンサート・イベント科、放送芸術科、総合ミュージック科のスタッフに最終告知をしたのですが、次のことを言いました。わたしが最も言いたいことでもありました。「お客さんの満足を導かなければ、君らの満足はありえない」。これはサービスマーケティングにおける「顧客の満足が従業員の満足を引きだす」構造そのものです。その業界を目指す彼らへのメッセージです。ひとりよがりにならず、人を楽しませること=entertain まさに語源の「エンターテイメント」この本質がなければ、エンターテイメント足りえません。この業界が何故存在するのか?それは人を楽しませられるから。それを導くすばらしいスタッフを養成することが、わたしたちの使命なのです。

n-27799347 at 9:8 | この記事のURL | |

2005年06月29日 ★KARAOKE ROOM★

68436197.jpg
昨日は南国のような暑さだったかと思えば、今日は梅雨に逆戻り。
日本が亜熱帯に向かっているようで、とても不安です。
水曜日担当@杉山です。このブログを読んでくれたOB数人から、メールを
いただきました。「すげ〜」との絶賛の言葉ありがとうございます。。
今日はDAM station BBを備えたカラオケルーム。仕事終わりに一杯飲んで・・
じゃなくて、れっきとしたボーカルレッスンルームです。
とはいえ、放課後は学生に開放していますので、常に使っている人気の実習室です。

n-27799347 at 21:49 | この記事のURL | |