ミュージックアーティスト科(音楽・ミュージック 専門学校)

音楽で人を幸せにする。



蒲田 八王子 2年制 ミュージシャン・アーティストをめざす人の情報ブログ ミュージックアーティスト科ブログ

ブカツ応援プロジェクト 高校生バンド 音楽系部活 楽器初心者 高校生ダンサーたちをプロ講師が無料でレッスン! 随時受付中!

ミュージックアーティスト科blog

2018年04月30日 【八王子】武部塾(基礎編)が開講!

takebejuku2












こんにちは!今日は当校の目玉講義「武部塾」について書こうと思います。
「武部塾」はミュージックカレッジ・エグゼクティブアドバイザーの武部聡志先生による特別ゼミ。日本を代表する音楽プロデューサーの武部先生から直接指導していただけるとあって、スタジオ棟Aスタジオに集まった学生の皆さんも緊張気味。
takebejuku5





















2018年1月に武部先生が出された「すべては歌のために」(Rittor Music)に、武部先生の思いがたっぷり詰まっています。今回はこれをもとに、武部先生の音楽制作エッセンスを学んでもらうべく(基礎編)の開講となりました。

<プレイヤー・作編曲コース向け講座>
制作現場で実際に使われたマスターリズム譜を用いて、ストリングス編成のアレンジ手法やコード付けによるニュアンスの変化などの技術を学びました。大切にしているのは歌う人の「人間性」。それをいかに演奏やアレンジによってひきだすか、というまさに武部先生の真髄を伝えるとなりました。

takebejuku1












<ヴォーカリストコース向け講座>
歌は、その人の生い立ちや考え方、その時のコンディションまですべて反映してしまうものですね。
武部先生は歌い手の方から「とても歌いやすかった!」と言ってもらえるのが最大限の褒め言葉だそう。経験豊富な女性ヴォーカリスト加藤いづみ先生をゲストにお招きし、ヴォーカルディレクションやハーモニー付け体験を実演していただきました。
武部先生のピアノ伴奏によるいづみ先生「好きになってよかった」、本当にすごかった!
やっぱり、演奏一発の威力は圧倒的でした。目の前で見られてよかった!!
takebejuku3










後期には(応用編)を予定しています。
「学生の皆さんの作品や演奏を楽しみに待っています」とのメッセージをいただき、やる気がグーンとUPした一日でした!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

日本工学院ミュージックカレッジ
ミュージックアーティスト科 information

オープンキャンパ+体験入学


好評開催中!

1日体験コースおよび午前体験コース10:00開始
午後体験コース13:00開始
・平日授業見学/実習ホールなど施設見学もできます。

体験入学のご参加をスタッフ一同、お待ちしています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

n-27799347 at 0:0 | この記事のURL | |

2018年04月24日 【八王子】新入生路上ライブ!

こんにちは!
4月も終わりに近づいて、少し肌寒くなってきました。

通常授業も1周してだんだん学校生活にも慣れてきた1年生ですが、校内にてキャンパス内路上ライブを行いました!

IMG_1470
IMG_1472
IMG_1476

沢山の人が見ていただいて、盛り上がりました。
さて、路上ライブをやる「意味」ってどこにあるのか考えてみましょう。
本校は、大きな会場でライブが出来る学校であるということは
読者の皆さんもご存知かもしれません。では、何故わざわざ
路上でやるのか?

それはですね、学校を卒業した後に音楽業界で戦っていくには
様々な環境で演奏が出来ないといけないからです。
新人アーティストのころは、自分を売り込むために
ショッピングモールのようなオープンスペースや、
カフェなどでライブをやることもあるかもしれません。
そういう環境の場合は、慣れた大きな音が出るいつもの機材を
使えないこともあるかもしれません。
スタッフの数も少ないかもしれません。

しかし、そういう環境でも良い音楽を奏でられるのが
本物のアーティストです。私たちはミュージシャンですので
そこに楽器があれば、何だって演奏できる。そういうマインドで
毎回の授業を行っています。
だから、大ホールでもベストなパフォーマンスができるのだと
私たちは考えています。

これから定期的にキャンパス内のランチタイムを
ミュージックアーティスト科の学生が彩っていくと思います^^



n-27799347 at 23:33 | この記事のURL | |

2018年04月23日 【八王子】バンドでのオリジナル作曲を徹底支援!

IMG_5506
こんにちは!
今日は、先日の体験入学で行われた画期的な授業についてご紹介したいと思います。

ミュージックアーティスト科では、軽音楽部を対象にブカツ支援「Music Days」を行っています。
個々の楽器のスキルアップ、バンドでのアンサンブルのスキルアップはもちろんのこと、誰でも簡単にオリジナル曲が作れてしまう「パソコンやDTMを使わない作曲講座」が人気です。
IMG_5505
ピアノが並んだMLルーム。参加高校生の皆さんの前の画面に移されているのは・・
とあるWebアプリケーションの画面。皆さんのスマートフォンでアクセスできます。
IMG_5507
この「PCを使わない作曲講座」、講師は現在サウンドクリエイターコースで在校生向けに作曲の授業をされている柴先生。あるボタンをタップすると、次に続くおすすめのコードを提案してくれるので、色の濃いところをたどっていく(矢印の順番に)だけでコード進行が作れてしまう優れものWebアプリケーションなのです。
IMG_5508
バンドメンバーでオリジナル曲を作りたいけど、なかなか先に進まないあなたに、おすすめの講義内容♪スマホがあれば参加できます。高校の軽音楽部に所属している皆さんは、顧問の先生に「日本工学院八王子専門学校のブカツ支援を受けてみたい!」と相談してみてください。皆さんのバンド活動を徹底的に応援します!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

日本工学院ミュージックカレッジ
ミュージックアーティスト科 information

オープンキャンパ+体験入学


好評開催中!

1日体験コースおよび午前体験コース10:00開始
午後体験コース13:00開始
・平日授業見学/実習ホールなど施設見学もできます。

体験入学のご参加をスタッフ一同、お待ちしています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

n-27799347 at 19:51 | この記事のURL | |

2018年04月17日 【八王子】スケール授業スタート!

音楽大学と、音楽専門学校の一つの違いでもある大事な要素について
お話します。音楽大学の多くはクラシックをベースとしていますが、
音楽専門学校はポピュラー音楽をベースとした教育を行っています。
ここで、重要なことがありまして。
今日はその重要な第一回目の授業「スケール」の話をちょこっと
お話しますね。
ブログ











例えば「ロック」を学ぶ際にも、今の「ロック」というのは
かつてのそれよりもコード進行などが多様化し非常に難しいものになっています。いきなりアニメソングのコード進行が好きだからといって
それを解析すれば全てがわかるか?というと、そんなに簡単なものではありません。

今は「クラシックロック」という言葉も出来て、この言葉が象徴
するように、ロックもクラシックの領域に入り「伝承する」という
ことが必要になってきたと感じています。
さて、クラシックロックは色々ありますけども、例えば
Led Zeppelin。「You Shook Me」という名曲がありますけども
この曲、明らかに「ブルース」なんですよ。

それでですね。ブルースという音楽を説明するのは、ポピュラー系
音楽理論の理論本とかでも、実は最後のほうに解説する項目に
なっているほど、非常に難しいものがありまして。
具体的に言うと「ブルーノート」という音の理解を早い段階で
しておかないとロックやファンク、そういった音楽というのは
演奏しにくくなってしまうんですね。

本校では、このブルーノートに関する理解を徹底的に最初の授業で
行っています。クラシックの音楽理論だと、最後のほうにやる
内容ですが、本校は最初にブルーノートを理解することによって
クラシックロックへの導入を早い段階で行い、結果的にJazz理論等も
含めないと難しくなるアニメソングなども深く攻略していきます。

しっかりとしたポピュラー音楽理論が学びたい方は、是非本校で
学んで下さいね!!今日の講師の先生は、元マルコシアス・バンプの
ギタリスト、鈴木譲先生がブルースとブルーノートを解説しました!

n-27799347 at 14:47 | この記事のURL | |

2018年04月16日 【八王子】アー写撮影順調!


IMG_5431
八王子校では、いよいよお待ちかねの通常授業が始動。音楽漬けの日々が始まりました!

と、その前に、2年生はアー写撮影が行われました。
アー写とは「アーティスト写真」のこと。
オーディションの資料用にあちこちに出回る写真なので、カッコよく撮ってもらいます。

IMG_5433
女子は特に、衣装やメイクなど念入りに準備して撮影。今の輝きを写真に封じ込めます。仕上がりがとても楽しみ♪

n-27799347 at 23:36 | この記事のURL | |