ミュージックアーティスト科(音楽・ミュージック 専門学校)

音楽で人を幸せにする。



蒲田 八王子 2年制 ミュージシャン・アーティストをめざす人の情報ブログ ミュージックアーティスト科ブログ

ブカツ応援プロジェクト 高校生バンド 音楽系部活 楽器初心者 高校生ダンサーたちをプロ講師が無料でレッスン! 随時受付中!

ベース侍!アメリカ見聞録 其の二

2005年10月26日 ベース侍!アメリカ見聞録 其の二

おまたせしました!ベース侍登場!其のニでござ〜る!

ベースを持ったベース侍、やっとのことでボストンに着いたのでござる。期待と不安を胸にタクシーに乗り込み、当面の間の滞在先へと向かう!

日本の知人に紹介してもらった在ボストンの日本人のお宅に暫くの間滞在させてもらうことになっておったのだ。

レッドソックスの帽子をかぶった陽気な黒人の運ちゃんが色々話しかけてくるが、理解不能!およそ30分のドライブだったのであるが1人で喋くってた運ちゃん、目的地へ着くと「20$!」と拙者に要求!空港で換金した20$札をパッと渡し車外へ出ようとした瞬間のことである。「ヘイ!ヘイ!ヘイ!チップ!」と運ちゃん!

そうであった、ここはアメリカ、チップの国であったのう。「かたじけない!」と5$を渡すと「ヒャッホー!」と言って、イエローキャブといわれておるタクシーは煙のごとく立ち去ったのでござる。(5$は渡し過ぎであった。本当は2$でよかったのである)

いよいよボストンでの生活が始まる、と感慨にふけながら滞在先である一軒家の裏階段を上るのであった。

アメリカではよくあるルームシェアというやつで一軒の家に何人かで住むのでござる。

(後に判明したのであるが、この家は幽霊屋敷であったのだ。拙者も2度ほどアメリカの幽霊とやらに遭遇したのでござる。)

リビングルームの隅に荷物を置き、まず拙者の命の次ぎに大事なベースを取りだしベンベンと爪弾く。いよいよ明日からボストンでの音楽漬けの生活が始まるのでござ〜る!

 

     次回へつづく

n-27799347 at 15:12 | この記事のURL | |