ミュージックアーティスト科(音楽・ミュージック 専門学校)

音楽で人を幸せにする。



蒲田 八王子 2年制 ミュージシャン・アーティストをめざす人の情報ブログ ミュージックアーティスト科ブログ

ブカツ応援プロジェクト 高校生バンド 音楽系部活 楽器初心者 高校生ダンサーたちをプロ講師が無料でレッスン! 随時受付中!

【八王子】ヴォーカルチャレンジ

2012年07月11日 【八王子】ヴォーカルチャレンジ

20120711a八王子キャンパスでは、今日・明日と『ヴォーカルチャレンジ』と題する実習イベントを実施しています。
このイベントは、八王子キャンパスにある、約600人収容の『片柳記念ホール』にて、ミュージックアーティスト科とコンサート・イベント科の1年生が行う合同実習です。


入学して約3ヶ月が過ぎた、ミュージックアーティスト科ヴォーカリストコースの学生は、その多くが大きなステージに立つのは初めてです。そこで、ステージ上での立ち振る舞いやスタッフとのコミュニケーションのとり方などを勉強します。

20120711b当然、このような大きなホールでのイベントですと、多くのスタッフが運営に携わります。
そのスタッフはというと、同じキャンパス、同じカレッジで勉強をしている、コンサート・イベント科の1年生です。コンサート・イベント科の1年生も、専門のコースに分かれてから行う初めての実習ということで、緊張の面持ちです。



20120711cこちらはPAのセクション。
今回はカラオケではありますが、タイミングよくCDを再生したり、ヴォーカリストの声をバランスよく客席に届けたり、アーティスト本人への返し(足元のスピーカーなどから本人に聞かせる音)をバランスよく調整して、アーティストが歌いやすい環境をつくります。



20120711dこちらは照明のセクション。
事前にデモテープの曲調などに合わせて色などをプランニングします。
本番では、実際のステージに合わせて、照明卓やピンスポットなどをオペレーションしていきます。
音と照明がズレていたりすると……案外、目だってしまうので、一時も気を抜くことができません。


20120711eこちらは舞台のセクション。
進行表と照らし合わせて、どのタイミングでアーティストにスタンバイしてもらうか?どのタイミングでステージに上がってもらうか……などなど、本番がスムーズにいくかどうかを司る、重要なセクションです。




20120711fこれは舞台袖から見たステージです。

このように、それぞれ“プロ”を目指している学生同士が、緊張のなかで一緒に勉強できるというのが、総合専門学校である日本工学院の強みだといえます!


n-27799347 at 16:39 | この記事のURL | |